百合ナビ

押井守監督の新作アニメ「ぶらどらぶ」が制作発表。吸血鬼の少女&女子高生によるドタバタコメディー

押井守監督による新作アニメ「ぶらどらぶ」が2020年春放送を目指して制作されていることが発表されました。

 

押井守監督の新作アニメ「ぶらどらぶ」が制作発表。吸血鬼の少女&女子高生によるドタバタコメディー

「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」などで知られる押井守監督の新作アニメ「ぶらどらぶ」が6月26日に東京で開催されたAKIBAカルチャーズZONEにて発表されました。

 

製作記者発表会で語られた内容によりますと「ぶらどらぶ」は吸血鬼の少女と彼女を匿うことになった女子高生を中心に展開されるドタバタコメディとの事で、また作中にはイケメンの様な男キャラは登場せず、基本的には女子高生の女の子しか登場しないと語られました。

 

また「ボーイ・ミーツ・ガールではなく、ガール・ミーツ・ガール」「女の子の物語を真面目にやりたい」ともコメントしており、これら発表内容によって現在百合好きの間でも大きな注目を集めております

「ORICON NEWS」より引用

発表と同時にスタッフ情報も公開となり、原作・総監督が押井守監督、監督は西村純二監督、キャラクターデザインは新垣一成さんが担当。脚本は全12話分既に出来上がっており、現在コンテ作業に入っているとの事です。

 

「ぶらどらぶ」は、2020年春ごろに全12話で放映予定。百合的にはどのような作品となるのでしょうか。今後の続報が楽しみですね

 

「ぶらどらぶ」公式HP

トップページに戻る

Tagged on:
[スポンサードリンク]