百合ナビ

『あの娘にキスと白百合を』完結記念!缶乃先生直撃インタビュー!

長きに渡って愛されてきた人気百合漫画「あの娘にキスと白百合を」の最終巻である10巻が2019年3月に遂に発売され完結を迎えます。これまで多くの百合好きに感動と幸せを与えて下さった本作の完結を記念して、著者である缶乃先生にご協力いただきインタビューをさせて頂くことができました。

 

突然のお願いに快く引き受けてくださった缶乃先生、そしてコミックアライブの編集様方本当にありがとうございます。それでは早速インタビューに参りたいと思います。

 

『あの娘にキスと白百合を』缶乃先生インタビュー

 

名前 : 缶乃(かんの)
Twitter: @_canno

2013年11月より月刊コミックアライブ(KADOKAWA)にて「あの娘にキスと白百合を」を連載開始。2015年3月には一迅社・百合姫コミックスより著者初の作品集「サイダーと泣き虫。」が発売。

 

きっかけは「百合をやりましょう」

 

それではまず「あの娘にキスと白百合を」という作品についてご質問させて頂きたいと思います。あのキスは長年にわたって百合好きに愛され続けてきた人気作の一つでございますが、本作はどのようにして生まれたのですか?

 

缶乃先生:昔、コミティアで創作百合本を出していて、そこで声をかけてくれた編集さんに「百合をやりましょう」と言われたのが最初のきっかけでした。

 

その後編集さんに提出したあらすじとキャラ表がベースになっています。最初の案には白峰と黒沢の話(これはほぼ今のままです)、瑞希と後輩の女の子の話(後輩の女の子は本編に出てきてません)と、女の子と他校の女の子と他校の男の子の三角関係の話(これは全キャラ本編に出てきてないんですが、1話の扉絵左端に形跡があります)を提出しました。その後に複数の百合カップリングによるオムニバス形式に決まりまして、キャラが増えたり減ったりして今に至ります。

 


▲ 1話の扉絵の左端をよーく見ると、確かに他校の制服が…!

 

初期案に他校の男の子がいたというのは驚きですね。あのキスは各巻ごとに異なる登場人物を主軸にするという百合漫画の中でも比較的珍しい構成となっておりますが、このようなオムニバス形式に決定されたのは何か理由があるのでしょうか?

 

缶乃先生:当時私の担当だった編集さんに「オムニバス形式でいきましょう」と提案されたからですね。最初は各カップリング1話ずつで組み立てていたんですが、途中で2話ずつになり、大体一冊でふたつのカップリングを描く感じになっていました。オムニバス形式というのは最初から意識してましたが、一巻毎に主要キャラが異なるようになったのは結果的にそうなったという感じです。

 

オムニバス形式にしたことで、コミックス6巻や8巻では異なるカップリングを平行して書くことで演出できるものがあったと思うので、大きな意味があったと思います。

 

  

 

なるほど、オムニバス形式にはそのような意味があったのですね。その他にも缶乃先生があのキスを執筆する際に特にこだわっていた点は何でしょうか?

 

缶乃先生:描いていて私自身のテンションが上がることです。カップリングでも展開でも、私の「これ最高!!!!」が伝わると信じているので、基本的に気持ちが高ぶるものを選ぶようにしていました。

 
 

「あのキスは最初は2巻か3巻で終わると思っていました」

続いてはあのキスの舞台について。今回インタビューを記念して百合ナビをご覧になられている方からいくつか質問を募集したのですが、その中には自分の地元が作中に出てるということで喜ばれている方もいらっしゃいました。これらの作品の舞台は実際にご自身でロケハンされたのでしょうか?

 

缶乃先生:実在っぽい背景は大体実際にロケハンして描いています。第5話に登場する駅や、第23話に登場する駅なんかは実際写真を撮りに行って描きました。

 

 

駅舎なんかもほぼそのまま描いています。ただ、海までの道のりとかはかなり色々混ぜているので、実際の地理とは異なる部分もあります。

 

本作には沢山の「キス」が描かれたあのキスの中で、特に思い入れのあるの『キス』は何でしょうか

 

缶乃先生:特に思い入れがあるところだと、1話か20話かな……と思います。

 

1話はもう1話なだけで思い入れがあるんですが、それまでキスシーンらしいものをほぼ描いてこなかったので、初めて描いたという意味で印象が強いです。

 

20話は陸上部の夏祭り回ですね。1巻で陸上部のふたりを描いた時からいずれ描きたいと思っていました。ただ「あのキス」は最初は2巻か3巻で終わると思っていたので半場諦めていたのですが、有難いことに連載期間が延びたので、ページ数もかなり割いてキスシーンが描けました。なので様々な方面で良かった……という感情が強く思い入れがあります。

 

 

私も20話のキスシーンを初めてみたときの感情は今でも忘れません…。それだけ様々な想いが込められた「あのキス」ですが、先生のお気に入りのカップルとかはあるのでしょうか?

 

缶乃先生:どのカップリングも好きなポイントがあるんですが、一番を選ぶとなると白峰&黒沢ですね。やっぱり最も長期間描いてて付き合いが長いのと、最初人間性が薄かった白峰と黒沢が人間になるところまで描くことができたので、自分の子ども……というとちょっと違うんですけど、良かったな……と思います。

 

我々読者ですら白峰と黒沢には深い情が湧いていると思うと、生みの親である缶乃先生には計り知れないでしょうね…それだけ感情移入する程あのキスには多彩のキャラクターがございますが、先生はどのようにして性格や外見等を決められたのでしょうか?

 

缶乃先生:はじめに「こういうカップリングが描きたい」(例:先輩と後輩でバディものっぽい話がやりたい)という感情があって、次にキャラクターを作ります(例:好きなカップリングを煮詰めよう…後輩は美人受…であれば先輩は普通であることが可愛いかんじの攻…)。ストーリーの展開によって多少ズレたりします。

 

外見については、ほかのキャラクターとの兼ね合いがあるので、何パターンか考えて編集さんと相談してました。

 

ちなみにファンの方からのご質問で特にいつきについて教えて欲しいという熱いメッセージが…

 

缶乃先生:いつきは24話で心を開くところまでしか考えていなかったので、それ以降はライブ感溢れる感じでお送りしていました。

 

外見は設定の段階で美人と決まっていたので、外見に気を遣っていそうな感じの女の子の理想像を描きました。超初期の設定ファイルを見直したら、いつきには彼女にべったりの双子の妹がいたらしく、なにか違うことをやろうとしていた形跡がありました(現在版では双子の妹はいません)。

 

ちなみに先生を「あのキス」のキャラに例えると…?

 

缶乃先生:自分の経験なんかを細切れにして各キャラに乗せているところがあるので、一番というと結構難しいんですが、最も投影されているのが白峰なので、自分では白峰だと思っています。他人に訊くと千春と言われるので正確には千春かもしれないです。

 
 

「好きなものはやっぱり憧れの存在へのコンプレックス」

 

それでは今度は缶乃先生に関する質問をさせていただきたいと思います。缶乃先生が百合を好きになったきっかけは何でしょうか?

 

缶乃先生:百合を好きになったきっかけですね…昔は百合にそれほど興味はなくて、『マリア様がみてる』を読んで「百合って面白いじゃん!」となり百合が好きになりました。

 

…………と今まで思っていたんですが、質問をいただいて思い返したところ、それ以前に読んでいた漫画版『ギャラクシーエンジェル』のミルフィーと蘭花の関係が好きだったし、さらにその前に見ていた『セーラームーン』でまこ亜美が好きだった記憶が蘇ったので、はるか昔から百合が好きだったのかもしれません

 

なるほど…気が付けば百合が当たり前になってたといった感じなんですね。続いての質問なのですが、あのキスでは学生同士の百合を描かれておりましたが、もし社会人百合を描くことになったらどういったカップリングを描きたいですか?

 

缶乃先生:今回さまざまな質問を頂いて、それについて考えているうちに、好きなものはやっぱり憧れの存在へのコンプレックス…コンプレックスだな!という気持ちになったので、コンプレックスを活かせそうな大人百合が描きたいです

 

コンプレックスを活かせそうな大人百合!凄く興味をそそられますね…ちなみにあのキス完結したばかりでお聞きするのは大変恐縮ですが…その、次回作のご予定とかは…?

 

缶乃先生:何も決まってないので予定とは言えないんですが、やりたいことはあるのでひっそり準備をしています。百合と家族を絡めた何かがやりたいです。

 

答えにくそうな質問にも答えてくださってありがとうございます…!百合と家族を絡めた作品…凄く楽しみにしております…!

 
 

「ご飯は抜いても死なないが百合を少しでも抜くと心が死ぬ

 

それでは最後の質問とさせて頂きます!ずばり缶乃先生に取って百合とはどのような存在なのでしょうか

 

缶乃先生:ご飯は一般的に一日三食でたびたび抜いても死にませんが、女と女の関係性については朝起きてから夜寝るまで欠かさず考えている且つ抜くと心が死ぬので、百合は主食です。

 

百合は主食…!素晴らしい締めのお言葉誠にありがとうございます!ここまで長々とお付き合い頂きまして本当にお疲れ様でした!

 

缶乃先生:こちらこそたくさんの質問ありがとうございました! 回答を考えながら連載中のことを思い返して懐かしくなったりしました。5年もの間お付き合いいただいて本当にありがとうございます。3月に発売する10巻まで見届けていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!!

 

2019年 缶乃  

 


 

缶乃先生、お忙しい中インタビューにご協力頂きまして誠にありがとうございました。「あの娘にキスと白百合を」最終巻10巻は3月23日に通常版と特装版が同時に発売。感動の結末を是非その目に焼き付けて下さい。

 

関連書籍

あの娘にキスと白百合を 10 (MFコミックス アライブシリーズ)

2019/3/23
缶乃
¥594 (2019/2/13時点)

Amazonでチェック!

あの娘にキスと白百合を 10 特装版 (MFコミックス アライブシリーズ)

2019/3/23
缶乃
¥1,620 (2019/2/13時点)

Amazonでチェック!

あの娘にキスと白百合を 1 (MFコミックス アライブシリーズ)

缶乃
¥526 (2019/2/13時点)

Amazonでチェック!

 

缶乃先生Twitterアカウント:@_canno
「あの娘にキスと白百合を」コミックウォーカー
「あの娘にキスと白百合を」pixivコミック

 

取材:ふりっぺ(@yuri_navi)

 

トップページに戻る

[スポンサードリンク]