百合ナビ

『ニュース』講談社が一迅社を買収!?百合姫の今後はどうなるのか

スポンサードリンク

 

講談社が一迅社を買収を発表!講談社の完全子会社へ

 
itizin

 

一迅社と言えば百合コンテンツやBL等、青年向け作品を中心とした出版社でしたので、百合好きには非常に有名な雑誌「百合姫」を販売している会社でもありました。

 

対する講談社も百合専門雑誌は発行していないものの、「彼女のカメラと彼女の季節」や「オクターヴ」といった質の高い百合漫画がいくつか販売されており、百合実績のある会社となっております。

 

つい最近、百合姫は隔月から月刊販売に移行するということもあって、多くの人達が注目していた中でこの発表が飛んできました。もしかしたら、講談社の子会社になるのが決まってたから、月刊化という冒険に出れたのかもしれませんね。

 

今後の百合姫はどうなるのか?

 
yurihime

百合姫はゆるゆりのヒット以来、雑誌全体がライトな方向に走ってしまい、肝心の百合好きからの評判が落ちてきているのが見受けられます。

他の雑誌で人気の百合漫画が台頭してくるなど、一概に百合姫のクオリティが落ちていると言えるわけではないと思いますが、実際TwitterなどのSNSでは百合姫を評判は賛否両論になっております。

私的には最近の百合姫には少し物足りなさも感じるところはございますが、ほとんどの百合アンソロがなくなってしまった今、やっぱり古参百合雑誌としての今後も頑張ってほしいと思っています。

 

なので今回の講談社の傘下に着くというのは、良くも悪くも今後の百合姫にそれなりの影響が出るのではないかと思います。もちろん、良い方の効果が起きることを私は期待しています!

 

追記(10/14 20:05)

 
Twitterにトレンド入りするほど話題となっており本件ですが、一迅社の公式HPから資本提携についてのコメントが発表されました!以下がその内容となります。

 

これによりますと、今回の提携はお金の面での提携で有り、互いが出版する雑誌やその内容に関してはあまり影響がなく、今後とも講談社と一迅社両社の雑誌の雰囲気などが大きく変わることはないとのことです!

 

なので一部の方が不安視していた百合姫、及び一迅社のコンテンツが無くなるといったようなことはなさそうですね~。

海外展開を強化したいという事は百合姫を海外でも展開するとか・・・?何とも夢の溢れそうな話ですね!

 


 

 
  スポンサードリンク

関連記事はこちら!

Tagged on: ,