百合ナビ

『ニュース』百合姫の「犬神さんと猫山さん」、今月号で最終回に

スポンサードリンク

inuneko-1-i

百合姫の「犬神さんと猫山さん」、今月号で最終回に



 
2月18日に発売された「コミック百合姫4月号」にて、同誌における人気作「犬神さんと猫山さん(通称:犬猫)」の掲載が最後になることが明らかになりました。
 
犬猫は2011年11月から連載がスタートし2014年にはアニメ化もされ、百合姫誌上ではゆるゆりに次いで二番目に長く連載されている作品でもありました。百合姫読者にとっては馴染み深い作品ということも有り、今回の犬猫の連載終了は大きな話題をとなりました。
 
inuneko-1

 
作者であるくずしろ先生からは「百合姫掲載は最終回」と説明されており、他誌での再開を予定している事が明かされました。そこまで間が空いたりすることもないとのことなので、近日中にまた続きが見れそうですね(※2017年10月現在、再開に関する情報は未だ発表されておりません)。
 
くずしろ先生は「兄の嫁と暮らしています」など複数の作品を掛け持ちしており、百合姫の月刊化によって負担が増えたのでは?といった推測などもなされておりました。しかし一方で、今回新たにアクションで新連載を開始するとのことなので、単純に負担を軽減するために終了したとは考えにくいかと。終了した理由に関しても「作品のことを考えた結果」と仰っておりますし、何かと謎が残る感じとなりました…。
 
今回の打ち切りに関して事前告知などは一切なく、百合姫の誌面上や公式Twitter、編集長が記事を寄稿しているアキバブログなどでも最終回に関して一切触れられておりませんでした。かつてアニメ化を果たした作品であること、二番目に長期連載してた人気作品であることを考えると、いささか扱いに不自然さが感じられます。
 
とはいえ当事者からの説明がない以上は何があったのかはただの憶測に過ぎない為、安易に結論を出すのは控えた方がよろしいかと思います。
 
約6年にわたる百合姫での長期連載お疲れ様でした。犬猫の再開をお待ちしております。
 

 
記事一覧へ戻る

 

  スポンサードリンク

関連記事はこちら!