百合ナビ

「推し武道」で人気沸騰中の平尾アウリ先生のインタビューがこのマンガがすごいWEBに掲載!

スポンサードリンク

osibudou
 

「推し武道」で人気沸騰中の平尾アウリ先生のインタビューが[
このマンガがすごい!WEB」に掲載!

 



 
『このマンガがすごい!2017』オトコ編で第12位に入賞した百合漫画『推しが武道館いってくれたら死ぬ』の作者である平尾アウリ先生のインタビューが同編集部が運営するサイト「このマンガがすごい!WEB」にて掲載されました!
 
平尾アウリ先生は女性漫画家×女性漫画家の百合漫画「まんがの作り方」で2008年にコミックリュウでデビュー。まんがの作り方が終了後に『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を同誌にて発表いたしました。
 
本作は「アイドル×アイドルオタク」という今までにない題材を取り扱った百合漫画となっており、アイドルオタクであるえりぴよと地下アイドルの舞菜の百合百合しいやり取りが繰り広げられます。ガッツリとした恋愛要素があるわけではございませんが、互いの思う合う姿などが見ていてとても心癒される作品となっております!作品発表以降、アイドルオタクのリアリティある描写から百合漫画ファンだけではなくアイドルファンの方からも人気を博した作品となります。
 
インタビューでは『推しが武道館いってくれたら死ぬ』が産まれた経緯、各キャラクターのモデルとなった人、そして平尾アウリ先生のアイドルに対する想いが綴られており、非常に見ごたえのあるインタビューとなっております!5分ほどでさらっと読める量なので、お時間があるときに是非読んでみてください!
 

 

 

【インタビュー】平尾アウリ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』

 
記事一覧へ戻る

 

  スポンサードリンク