百合ナビ

カメラを通した青春のあとの青春劇「ルミナス=ブルー」が百合姫で連載開始

10月発売のコミック百合姫より岩見樹代子先生の新連載「ルミナス=ブルー」の連載がスタートしました。

 

カメラを通した青春のあとの青春劇「ルミナス=ブルー」が百合姫で連載開始


「ルミナス=ブルー 第一話」より引用

「ルミナス=ブルー」は写真が大好きな女子高生・垂水が舞台となる県立青島高等学校に転校したところから物語は始まる。写真部に憧れて転校してきた垂水は部に入部しようとするも、教師から写真部が廃部になっていることを告げられる。

 

廃部に落ち込み一人うなだれる垂水だったが、写真部が同好会として存続している事をクラスメイトから教えてもらう。急いで部室に向かうとそこには憧れの写真家・葉山の姿があった。

 

部が同好会になり更に自身のスランプによって落ち込んでいる葉山を見た垂水は、コンテストで共に賞を取り写真部を再建を目指すことになる。応募する写真を撮影することになった垂水は、転校初日に仲良くなったクラスメイト・雨音と寧々にモデルを依頼するが…。

「ルミナス=ブルー 第一話」より引用

作者は以前百合姫にて短期集中連載作「透明な薄い水色に」を発表された岩見樹代子先生(@okome103)。綺麗な絵とちょっぴり大人な作風が特徴の百合作家様で、2018年6月に発売されたおねロリ百合アンソロジー「パルフェ2」に収録された先生の作品は百合ファンの間でも大きな話題となりました。

第一話の段階で様々なキャラクターの関係性が既に明らかになっており、今後の展開に非常に期待のできる作品となっております。岩見樹代子先生の「ルミナス=ブルー」、是非一度読んでみてください。

 

関連書籍

コミック百合姫 2018年12月号
¥700
 
Amazonでチェック!
透明な薄い水色に (百合姫コミックス)
岩見 樹代子
¥648
 
Amazonでチェック!

トップページに戻る

関連記事はこちら!

[スポンサードリンク]