百合ナビ

「柚子森さん」の江島絵理先生が描く格ゲー×百合新連載「対ありでした。」が1月より連載開始

江島絵理先生の新連載が1月4日発売の月刊コミックフラッパーで連載が開始されることが発表されました。

 

「柚子森さん」の江島絵理先生の新連載「対ありでした。」が1月よりコミックフラッパーで連載開始

「柚子森さん 第1巻(著:江島絵理)」より引用

今回発表された新連載は江島絵理先生の「対ありでした。~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~」。そのタイトルからわかる通り、格闘ゲームを題材にした百合漫画となっております。

 

作者はおねロリ百合漫画「柚子森さん」で大きな人気を博した江島絵理先生。先生は元から格闘ゲームの大ファンの方で、前作である「柚子森さん」でも物語の途中に柚子森さん達が格闘ゲームをプレイする場面などがございました。今回発表された新連載はそんな江島絵理先生の得意分野を大きく反映した作品となっております。

「月刊コミックフラッパー 2020年1月号 次回予告」より引用

記念すべき第一話では大ボリュームの74ページで掲載されるとの事。格闘ゲームを題材にした百合漫画といえば、かつて百合姫から西あすか先生の「いつかみのれば」という作品が発表され全2巻で完結となりましたが、それから約二年が経った現在では一体どのように受け入れられるか非常に気になる所です。

 

「対ありでした。~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~」は1月4日発売の月刊コミックフラッパー2020年2月号より連載開始予定。「柚子森さん」以来の久々の江島絵理先生の新作という事で是非お見逃しなく。

 

関連書籍

柚子森さん(1) (ビッグコミックススペシャル)
江島絵理
¥605 (2019/12/9 18:40時点)

Amazonでチェック!

いつかみのれば: 1 (百合姫コミックス)
西 あすか
¥605 (2019/12/9 18:40時点)

Amazonでチェック!

 

トップページに戻る

[スポンサードリンク]