百合ナビ

【2019年版】今年話題になった百合ニュース TOP10

こんにちは。百合ナビの管理人・ふりっぺです。2019年もいよいよの最後の日、明日から遂に2020年に突入するということで、毎年恒例の今年話題になった百合ニュースをランキング形式で紹介して参りたいと思います。

 

順位は記事の読まれたPV数を参照して順位付けしておりましが、百合ナビマンガや百合漫画総選挙の結果発表といったニュース記事ではないものは除外しております。

 

さて、今年はどんなニュースが百合業界を盛り上げたのでしょうか。それでは早速振り返って参りましょう

 

【2019年版】今年話題になった百合ニュース TOP10

 

10位 女子高生二人の秘めた恋を描いた読み切り百合漫画「帰り道」がWEBで公開

女子高生二人の秘めた恋を描いた読み切り百合漫画「帰り道」がWEBで公開
2019年12月31日
10,000pv

LINEマンガ・アキJamにて公開された紫のあ先生の読み切り百合漫画「帰り道」に関するニュースが10位にランクイン。紫のあ先生の綺麗な絵と作中で表現されている二人の絶妙な距離感は、非常に多くの百合好きに絶賛されました。

 

減債は無料での公開は終了しておりますが、kindleを初めとした電子書籍ストアにてアキJam作品5タイトルを収録して電子書籍が275円で発売されております。百合作品は本作を含め二作品収録されておりますので、是非気になった方はそちらの方で読んでみて下さい。

 

9位「やがて君になる」11月発売予定の第8巻をもって完結

「やがて君になる」11月発売予定の第8巻をもって完結
2019年5月20日
10,500pv

仲谷鳰先生の人気百合漫画「やがて君になる」が第8巻をもって完結することが明らかになった際に掲載した百合ニュース。実際に2019年11月27日に最終巻である第8巻が発売され、多くの百合好きから称えられながら完結を迎えました。

 

百合の歴史上、類を見ないほど人気を博した本作。2020年でもアンソロジー第二弾や舞台といった展開も予定されており、本編が終わった今でもまだまだ目の離せないコンテンツとなっております。

 

8位 荒廃した東京を舞台にした新作百合アドベンチャーゲーム「じんるいのみなさまへ」が発表

荒廃した東京を舞台にした新作百合アドベンチャーゲーム「じんるいのみなさまへ」が発表
2019年2月14日
11,000pv

日本一ソフトウェアさんより突如として発表された百合アドベンチャーゲーム「じんるいのみなさまへ」の初報記事。有名なゲームメーカーから発売された家庭用百合ゲームということで百合好きのみならず、ゲーム業界にまで話題を博しました。

 

ちなみに余談ですが、この記事のおかげでファミ通さんに掲載された記事コラムに名前こそ出ておりませんでしたが、当サイトの存在にそれとなく触れている箇所がございました。

 

7位 中国の大人気百合漫画「SQ 君の名前から始まる」日本語版がWEBで連載開始

中国の大人気百合漫画「SQ 君の名前から始まる」日本語版がWEBで連載開始
2019年12月11日
11,500pv

中国で人気を誇る壇九(TANJIU)先生の百合漫画「SQ 君の名前から始まる」の日本語版がコミックウォーカーで始まった際に取り上げたニュース記事となります。中国では47億PVという尋常じゃない数字を叩きだしていることもあって日本国内でもその注目度は非常に高く、瞬く間に多くの百合好きにその存在が広がりました。

 

今回top10の中では最も掲載期間が短いニュースとなります。コミックスの方も2020年2月10日に発売を予定しており、来年百合業界に大きな躍進をもたらす作品になるかもしれませんね。

 

6位 美術高校に通う姉妹の物語を描いた「妹の姉」がWEBで公開

美術高校に通う姉妹の物語を描いた「妹の姉」がWEBで公開
2019年5月2日
14,500pv

週刊少年ジャンプで「チェンソーマン」を連載中の藤本タツキ先生の読み切り漫画「妹の姉」がジャンプ+で公開された際に取り上げたニュース記事になります。

 

美術高校に通う姉妹の関係を描いた物語で内容自体は恋愛ものではないですが、姉妹の関係性に百合味を感じる方も多く、百合業界でもかなり話題となりました。現在は公開が終了されているため、この作品を読むことができません。この先何かしらの媒体で再公開されて欲しいですね。

 

5位 ネットの世界を生きるアイドルと一人のファンを描いた百合漫画「#わすれてしまうわたしたち」がWEBで公開

ネットの世界を生きるアイドルと一人のファンを描いた百合漫画「#わすれてしまうわたしたち」がWEBで公開
2019年6月14日
15,300pv

『週刊ヤングマガジン』および『モーニング』で行われる漫画新人賞・ちばてつや賞で最高位とされる大賞を受賞した散田島子先生の読み切り漫画「#わすれてしまうわたしたち」をご紹介したニュース記事になります。ちばてつや先生に「私には描けない線をいくつも持っていてうらやましい」と絶賛されるなど当時百合業界のみならず様々な業界の人から大きな注目を集めました。

 

百合漫画としても楽しめる一方、現代の社会ならではの様々な要素が深く組み込まれており、非常に深く考えさせられる作品となっております。本作はコミックDAYSから無料でご覧になれますのでまだ読まれていない方は是非読んでみて下さい。

 

4位 成人向け百合アドベンチャーゲーム「真愛の百合は赤く染まる」が2019年11月に発売決定

成人向け百合アドベンチャーゲーム「真愛の百合は赤く染まる」が2019年11月に発売決定
2019年8月16日
16,700pv

株式会社クリアレーブのグループブランド「バグシステム」より突如として発表されたPC向けソフト「真愛の百合は赤く染まる」を取り上げたニュース記事。ただの紹介ではなく、作品の内容について実際に開発会社様にお問い合わせさせて頂き、その回答を掲載しております。

 

発表当初はあまり内容について明らかになっていなかったことから、本作が百合ゲーなのかどうか困惑する方も多く、そういった要因からこのような形式の記事となりました。突然のご連絡に真摯にご対応下さったバグシステム様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

 

3位 TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」第二期が放送決定

TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」第二期が放送決定
2019年2月12日
25,100pv

TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」の第二期に関する記事が3位にランクイン。意外な高順位に驚かれる方も多いかもしれませんが、こちらはグーグルといった検索から読まれる方は90%以上を占めており、他の記事と比較するとやや層が異なる感じとなっております。

 

二期に関する続報は今のところないですが、2020年には何かしらのアナウンスがあるかと思いますので、今後の続報に注目したいところです。

 

2位 アフタヌーン四季賞を受賞した百合漫画「人魚の声」がWEBで公開

アフタヌーン四季賞を受賞した百合漫画「人魚の声」がWEBで公開
2018年1月9日
28,000pv

コミックDAYSにて公開された守崎奈々瀬先生の読み切り漫画「人魚の声」をご紹介した記事になります。可愛らしいキャラクター達とシリアスな世界観、そして作中の百合要素が上手く調和した本作は他の百合漫画にはない独特の読み応えがある作品となっておりま、多くの百合好きから絶賛されました。

 

今年発表された読み切り百合漫画の中では最も話題となった作品で、先述した「#わすれてしまうわたしたち」と共に2019年を代表する読み切り漫画といえるでしょう。守崎奈々瀬先生のこれからの活躍が楽しみですね。

 

1位 「咲-saki-の登場キャラの半数以上が女性×女性の子供」衝撃の設定が明らかに

「咲-saki-の登場キャラの半数以上が女性×女性の子供」衝撃の設定が明らかに
2018年8月18日
77,500pv

そして2019年を最も話題になった百合ニュースは小林立先生の麻雀百合漫画「咲-saki-」に関するニュースでございました。「登場人物の半分以上は同性愛者」「登場キャラの半分以上は女性×女性の子供」という設定が突如として小林立先生のブログが公開され、咲ファンと百合好きを震撼させました。

 

あまりにもアクセスが殺到したためか、小林立先生のブログはサバ落ち状態に。当サイトにも同時閲覧者1,500人というそれまでの最高だった300人を遥かに上回る状態となりました。また百合ナビのツイートでRT数が一万を超えたのは今回が初であり、今日に至るまでこの記録は抜かれておりません。

 

如何に咲シリーズが多くのファンの方に愛されているのか、この発表が衝撃的だったのか、少しでも伝わりましたら幸いでございます。

 

2019年を振り返って

 

以上で2019年に話題になった百合ニュースTOP10でございました。個人的な感覚としては2019年は様々な出版社や企業が百合に参入してきた印象が強く、今までにないタイプの百合作品が数多く登場した様に感じました。

 

特に百合ゲームや百合ライトノベル分野の成長は凄まじく、新しいブランドの参入やノベル作品のアニメ化などがあり、かなり濃密な一年間だったと思います。

 

一方で漫画分野では「やがて君になる」や「あの娘にキスと白百合を」といった百合業界の柱的存在だった作品が終わりを迎え、本格的な世代交代の時期になってきたと思います。2020年では今まで以上に、新しい作品が重要されていくのではないでしょうか。そういった意味では、来年どんな作品に出会うことができるのか非常に楽しみですね。

 

それではここまで読んで下さって誠にありがとうございました。2020年も百合ナビは頑張って参りますので、来年もよろしくお願い致します。

 

過去の年間ランキングはこちら

百合ナビ年間記事ランキング2018
百合ナビ年間記事ランキング2017
2016年人気百合記事ベスト5!!

トップページに戻る

[スポンサードリンク]